ポルトガードシステム (PORTGUARD SYSTEM)

コンクリート自身の質感や素材性、そして力強さは永遠の表現性を持っています。その素材感を末永く持続する手段として「ポルトガードシステム」は生まれました。
コンクリートの景観を生かすべき、設計事務所やデザイナーの意向を忠実に反映して、建築用途・土木用途の使用条件に応じた仕上げ塗料・保護材料等のアドバイス及び責任施工の体制を通してトータルな品質管理に万全を期しています。今後も、時代のニーズに応じて優れた材料を開発・提供していきます。
また、地域によっては施工特約店制を敷いており材料販売も行っています。
■ポルトガードPGシステム
高耐候性水性シリコン樹脂クリヤーを上塗りとする打放しコンクリート保護工法です。
打放しコンクリートやPC版の素地感を活かしコンクリートを保護します。
PGカラーの組み合わせにより、素材の持つ微妙な仕上がりの追求を最大限に可能にしています。
■ポルトガードAFシステム
耐候性に優れる水性フッ素樹脂クリヤーを上塗りとする打放しコンクリート保護工法です。
長期にわたるコンクリート素地感(意匠性)の維持とコンクリート保護が可能です。
作業性・安全性・低公害性に優れた人と地球にやさしい環境対応型塗装システムです。
■ポルトガードプレクサス
高度経済成長期に整備されてきた大量の社会資本ストックの老朽化の危険性が認識され始め、社会問題化しています。予防保全によるインフラの長寿命化が重要になると考え、 今まで行ってきた建築分野での技術革新の成果等も取り入れながら、 既存のインフラを質的に改善・強化し、有効活用すべくコンクリート表面保護材による対策を講じて、積極活用を実施することで最適な維持管理計画を提案していきます。

  • モバイル等でFlash版を閲覧される場合はAndroidの場合はAdobe Flash Player をダウンロード・インストールが必要です。また、ios(iPad)の場合は Puffin Web Browserをご使用下さい。