ポルトガードインターリッチ
概要
特徴
■宮古島暴露試験(南面45度におけるデータ)
宮古島は、暴露環境としては非常に過酷な場所です。アクリルウレタン樹脂塗料では暴露一年を過ぎると著しい光沢の低下が観測されます。 この環境下で、インターリッチは暴露2年を経過しても90%近い光沢を保持。「高温・多湿・高紫外線」 の厳しい環境に最適な塗料であることを証明しています。
 ポルトガードインターリッチ性能データ
    ※過酸化水素キセノンランプ式促進耐候性試験
    通常の促進耐候性試験とは異なり白顔料に用いられている「酸化チタン」に強制的に光触媒劣化を起こさせる試験方法。
    通常の環境下における耐候性能はS-WOMの試験結果をご覧下さい。
ポルトガードインターリッチ標準塗装仕様
■インターリッチ・アンチグレア標準塗装仕様(適応下地:コンクリート、モルタル)
  工 程    使用材料  希釈率
 (%)
 標準所要量
 (kg/㎡)
塗回数  塗装間隔
 (時間)23℃
  施工方法
  素地調整 被塗装面をチェックし、塗装に支障のある付着物、汚れを除去する
 1 下塗 インターリッチ水性用プライマー   清水
 0~15
 0.12〜0.15   1    2h以上  刷毛・ローラー
 2  上塗1 インターリッチ・アンチグレア   清水
 0~10
0.08〜0.12   1   2h以上  刷毛・ローラー
 3  上塗2 インターリッチ・アンチグレア   清水
 0~10
0.08〜0.12   1    刷毛・ローラー
■インターリッチ・1000標準塗装仕様(適応下地:コンクリート、モルタル)
  工 程    使用材料  希釈率
 (%)
 標準所要量
 (kg/㎡)
塗回数  塗装間隔
 (時間)23℃
  施工方法
  素地調整 被塗装面をチェックし、塗装に支障のある付着物、汚れを除去する
 1  下塗 インターリッチ水性用プライマー   清水
 0~15
 0.12〜0.15   1    2h以上  刷毛・ローラー
 2  中塗 インターリッチ・1000   清水
 0~5
0.08〜0.12   1    4h以上  刷毛・ローラー
 3  上塗 インターリッチ・1500   清水
 0~5
0.08〜0.12   1    刷毛・ローラー
■インターリッチ・2000標準塗装仕様(適応下地:コンクリート、モルタル、PC面、押出成形板)
  工 程    使用材料  希釈率
 (%)
 標準所要量
 (kg/㎡)
塗回数  塗装間隔
 (時間)23℃
  施工方法
  素地調整 被塗装面をチェックし、塗装に支障のある付着物、汚れを除去する
 1  下塗 インターリッチ弱溶剤プライマー
(コンクリート)
  0  0.10〜0.13   1    16h以上  刷毛・ローラー
 2  中塗 インターリッチ・2000  シンナー
 5~10
 0.10〜0.13   1    2h以上  刷毛・ローラー
 3  上塗 インターリッチ・2500  シンナー
 0~10
 0.10〜0.13   1    刷毛・ローラー
■インターリッチ・3000標準塗装仕様(適応下地:アルミニウム板、亜鉛メッキ板、ボンデ鋼板
  工 程    使用材料  希釈率
 (%)
 標準所要量
 (kg/㎡)
塗回数  塗装間隔
 (時間)23℃
  施工方法
  素地調整 被塗装面をチェックし、塗装に支障のある付着物、汚れを除去する
 1  下塗 インターリッチ弱溶剤プライマー
(メタル)
 シンナー
 0~10
 0.20〜0.27   1    16h以上  刷毛・ローラー
 2  中塗 インターリッチ・3000  シンナー
 5~10
 0.11〜0.13   1    2h以上  刷毛・ローラー
 3  上塗 インターリッチ・3500  シンナー
 0~10
 0.12〜0.15   1    刷毛・ローラー
 荷 姿
 材 料 名
 インターリッチ水性プライマー   15kg
 インターリッチ・アンチグレア   13kg
 インターリッチ弱溶剤プライマー(コンクリート)   15kg
 インターリッチ弱溶剤プレイマー(メタル)  18kgセット
 インターリッチ1000   15kg
 インターリッチ1500   15kg
 インターリッチ2000  15kgセット
 インターリッチ2500  16kgセット
 インターリッチ3000  15kgセット
 インターリッチ3500
 16kgセット
 施工上の注意について